ハロウィンinニカラグア!仮装レベルが低すぎる

ニカラグアは”Agüizote”もありますが、ハロウィンも一応あります!!
ニカラグアはカトリックが多くを占める国なので、あまりハロウィンは浸透していませんが、
近年になって、ようやくハロウィンのイベントが行われるようになったそうです。
今年も10月に入ったくらいから、フェイスブックでハロウィンイベントページがどんどん出来上がり、新聞でも各会場のイベント広告が出ていました。
会場は、文化センターのようなところもありましたが、
ほとんどがクラブで、夜8時くらいから朝まで「みんな仮装しておどろうぜー」というもの。
僕も友達に誘われ、2ヵ所のクラブに行くことに。
日本にいたときは毎年必ず1回以上は仮装し、いろんなイベントに参加していたのですが、
今年は行くことが急に決まり準備ができなかったので、仮装なしでニカラグアの仮装事情を見る目的で行くことにしました。
ニカの友達たちも「みんな仮装すごいんだよ」と言っていたし、
新聞でも仮装や、ホラーメイクが今年はくる!といったような記事がいくつかでていたので、期待は結構していました。
こんなの。記事。
中南米新聞
期待を胸にクラブが集まるエリアに行くと、
各クラブでハロウィンイベントが行われているからか、人の数と熱気がすごい!!
友達は既に中に入って待っていたので、中に1人で入ると、店の中の装飾はいつもと違ってハロウィン仕様。
ガイコツの人形たちがぶら下がっていたり、壁にクモがいたり、カボチャが置いてあったりとちゃんとハロウィン感が出ています。
ハロウィン装飾
少し感心しながらパッと来ているお客さんに目を向けると、
誰も仮装してない!!
全然じゃん!!
友達の言っていた
「みんな仮装すごいんだよ」
うそじゃん!!
仮装していくと言っていた友達たちも、白いよくある仮面を手に持っているだけ!
それだけかよ!
あぶなかったぁ。
仮装してこなくてよかったぁ。
仮装してたら絶対一番になってた。コンテストとかないけど絶対一番。
他の会場に移動してもおなじ。
仮装といっても、仮面をかぶるか、ディズニーにつけていくみたいな耳をつけているようなもん。
しかも、それをしているのもほとんどが店員さん。
何人かが仮面をかぶっているのが、彼らの言う「すごい仮装」だったようです。
2ヵ所行って一番派手だったのがこの子かな。
最大の仮装
これも仮装というより、メイクのみですが。
全然”Agüizote”のほうがすごいな。
仮装
本当にハロウィンの文化の入りはじめって感じでした。
まだまだハロウィン仮装の習慣はできていないみたいです。
カトリックではハロウィンが習慣づくのを嫌がっている人もいるようですが、
これだけ人は集まっているので仮装ブームが来るのも時間の問題な気がします。
ハロウィンパーティ
にしてもこの仮装率の低さ。
日本での休暇でイベント用に買おうとした赤い全身タイツ、買わなくてよかった。