メキシコ美女とオアハカデートしてきた!

”オアハカ”とインスタで検索してくると出てくるデッカいサボテン!

アレはなんなんだ!と思って調べると、”Jardín Botánico(民族植物園)”というとこらしい。

よし、行こう!

早速行ってきました!

この植物園はツアーでしか入ることができず、

スペイン語が50ペソ(約280円)、英語が100ペソ(約560円)で、ツアーの頻度はスペイン語の方が多かったです。

僕たちは2、30人くらいのスペイン語でツアーに参加しました。

赤ちゃんの運び方が独特なツアー客を見ることもできます(二人で持つ布の中にいる)。

そしてこれがでっかいサボテン。

他にもこんなヤツ(デカ太い)や、

テキーラの原料のアガベもありました。

そして、グループの中で一番仲良くなったメキシコ人の女の子2人と。

ガビちゃん(本名ガブリエラ、写真右)は超絶美人。

※マリアナちゃん(写真左)を美人じゃないと言っている訳ではありません

写真を撮ってあげたりしてたら、「ご飯を奢らせて!」とツアー後に一緒にご飯を食べに行くことになりました。もちろん、奢ってもらう訳にはいきませんが。

ご飯を食べに行くっていうのにエローテ(焼きとうもろこしに色々かけたやつ)買ったり、

いろいろ寄り道しながら、オアハカ料理が揃ってるという市場、

”メルカド・ベニート・フアレス(Mercado Benito Juarez)”に到着。

ガビちゃん(右)が持ってるのがChocolate Caliente(ホットチョコレート)で、マリアナちゃん(左)がCoronaビール。

食べたのは、オアハカ風ピザと呼ばれている”トラジューダ”、

モーレ・アマリージョ(オアハカのモーレは7種類あるそうです)、

後は写真がないですが、

タマル(とうもろこしとその他具材をバナナの葉っぱで包んで蒸したやつ)と

ケサディージャ(チーズが入ったトルティージャ)を頼んで食べました。

どれもメキシコの他の地域にある料理ですが、オアハカのものは微妙に違うそうです。

お腹いっぱい食べて、みんなでごちそうさまして、お別れ。

楽しいオアハカでの1日でした。

動画もあるのでぜひ。

オアハカ料理についてもっと詳しく言ってます。