オアハカからバスで40分!可愛い民芸品”アレブリヘ”の村!

メキシコの人気観光地“オアハカ“。

今回は、そのオアハカ近郊にある“アラソラ”という村を訪問してきました!

アラソラへは、オアハカの中心からバスで40分くらいです。

ここは“アレブリヘ”という木彫りの民芸雑貨が有名な村の一つで、

小さな村ですが、至る所にアレブリヘのお店が並んでいます。

アレブリヘとは空想の動物のことで、実在する生き物の木彫りはないそうです。

”リメンバー・ミー”の映画を見た方はわかると思いますが、

翼の生えたトラみたいなのがいたじゃないですか。あいつもアレブリヘだそうです。

アラソラの村は壁とかにもアレブリヘが描かれています。

ウィンドウショッピングをしていると1つのお店のオーナーと仲良くなり、

そのオーナーが「アレブリヘを作っているところを見せてあげる」

と、僕たちを彼の家兼作業場に連れて行ってくれることになりました。

しかもお店を一旦閉めてまで!

めちゃ優しい。

家に向かう途中で、アレブリヘを使う木を見せてくれました。

この木は”コパル”という名前で、乾燥した地域にしか生えないそうです。

そして家に到着。

生活感にあふれています。

彼は息子と一緒に木から形を作り、奥さんと娘さんがそれに色を塗るそうです。

息子さん。

「形は木を切りながら頭の中で考えていくから、切り始めは何を作るか決まってないんだ。」

「形を作るのはかなりの重労働で、もう腕が悲鳴をあげてるよ。若いもんにやってもらわないとね。」

と言っているとこ。

家の中も案内してもらったり、村のことについてなどもたくさん教えてくれました。

素晴らしい即興アラソラツアー。

店に戻る時には彼の家族に遭遇。

何かの実をとったり、サボテンを切ったりしてます。

小さな村ですが、おもしろい体験ができました。

動画もあるのでぜひ。