ギネス認定の世界一太い木!巨大すぎるトゥーレの木が目の前に!!

「世界で一番太い木」があるとして有名な、

”Santa María del Tule(サンタ・マリア・デル・トゥーレ)”に行ってきました!

サンタ・マリア・デル・トゥーレへはオアハカの中心部からバス一本で行けるので、オアハカ滞在中のちょろっと観光に最適です!

バスは8ペソ(約45円)で、30分くらいで行くことができます!

※レートは2019年3月時点のもの

木が大きすぎるので遠くからでも見えちゃうのですが、

トゥーレの木を近くで見るには、入場料を払わなければなりません。

入場料10ペソ(約55円)5歳以下は無料

これがチケット。種類の違うプリントがされてます。

一つは下から見た木で、

もう一つは木の根とか幹が動物の形に見えるよ!ってやつです。

チケットを買って中に入ると、巨大すぎる木が目の前に現れます!

もうデカすぎて、一眼とか携帯のカメラじゃ収まらない!

マジで大きいです。笑っちゃうレベル。

超広角のGoProならここまで写せました!

持ってきててよかったぁ。

木のすぐ脇には、大きさなどの情報が記載されたものがあります。

正式名称

Ahuehuete(アウエウエテ)、

もしくはSabino(サビノ)

樹齢 2,000歳
太さ 58メートル
高さ 42メートル
直径 14.05メートル
体積 816,829立方メートル
重さ 636,107トン

だそうです。

規格外すぎて、よくわからない数字ですね。

入場チケットにも写真がありましたが、根や幹に隠れた動物たちを探す遊びもできます。

自然にこういう形になったそうなので、見えづらくても文句はいえません。

まずは、ワニ。

ん?

ワニですね。

ワニにしか見えません。

続いてライオン。

オスのライオンが大きく口を開けている感じですかね。

そして、ゾウさん。

これはしっかりゾウさん。

下を向いてる小さなゾウさんに見えますね!

トゥーレの木の隣には、可愛らしい教会もあります。

この教会の目の前には「超極小版トレビの泉」もあるので、

コインをお皿めがけて投げて、運試しをしちゃってください。

トゥーレの木を見に行った時の動画もあるのでぜひ!