お風呂はバケツ?村奥でホームステイ!【ドミニカ共和国】

少し前に書いた、

この記事↓

休暇をもらって2週間ほどドミニカ共和国へ行ってきました! 本当は日本に行ってもいい休暇だったので、期間はちょっと長めです。 ...

で登場したおじさんからいきなり連絡が!

「俺の家に遊びに来いよ!」

突然の誘いに戸惑うと共に、

1週間の短期留学が終わって何をしようか迷っていた僕は、

”行くしかないか!”

と思い、誘いに乗りました。

彼はメキシコのカンクンに住んでいると言っていたので、

”かなりのお金持ちなんじゃないか?”

”めちゃめちゃいいとこに住んでるんじゃないか?”

と勝手に妄想していましたが、そんな妄想は彼の車に乗り込んで10分で消え去りました。

首都サント・ドミンゴの隣町、”サン・クリストバル” の中央公園で待ち合わせをし、迎えにきた彼の車に乗り込み、家へと向かいます。

”サン・クリストバル” は、首都にはだいぶ劣りますが、

ニカラグアの中堅の町に比べれば全然栄えています。

彼はその”サン・クリストバル” の中心からすぐの場所に住んでいると言っていたので、

結構いい家なのかなぁ?と甘い考えをしていましたが、

車は中心部からどんどん離れていきました。

中心部から走ること30分。

着いたのか?

と思ったら

「フルーツを買いたい。」

果物屋さんに立ち寄っただけでした。

屋台フルーツ屋さん

そこから走ること10分。

車がまた止まりました。

ようやく着いたか。

「腹減っただろ?ここはこの町で一番美味しいチキン屋だ!」

ドミニカ食堂

チキン屋でした。

行列のできる店

確かに人並んでるしチキンもうまそうだけど、

家まだ?

中心部のすぐそばなんだよね?

チキン屋から走ること10分。

次に車を止めたのは、交番でした。

ドミニカ警察

え、まって、なんで?

「ここでいとこが働いてるんだ。」

「彼女がこの前妊娠したから、さっき買ったフルーツを届けたいんだ。」

ラテン家族愛

めっちゃいいやつじゃん。

全然許すわ。いっぱいあげな!

そして、そこからまた10分。

ようやく家に到着。

かわいい家

オシャレ家

カラフル家

ラテン家

オシャレデザイン家

「好きな家使っていいよ」

おい、まてまて!

どっからツッコめばいいの?

彼はツッコミどころが多く、住んでいる場所も想像と違いましたが、

これはこれでアジがでていて、着いた途端に謎のワクワク感が!

とりあえず、何もわからないので人がいるところに行ってみることに。

ドミニカ家族

不思議そうな目で見つめています。

見知らぬアジア人が家の敷地内にいるのは相当不思議なんでしょう。

不思議そうな目

でも、

自然の家

遊び始めたら一気に距離が近づき、

その後のご飯では子供達が、

「ご飯はいっぱい食べたい?」

「飲み物は何が飲みたい?」

「今持ってくるからまっててね!」

と優しくておもてなし精神に溢れた言葉をかけてくれ、

見知らぬアジア人はもてなしてくれました。

キッチンライフ

お手伝いさん

ご飯は主食がバナナで、その上に白身魚と野菜を炒めたものを乗せたもの。

ドミニカご飯

これがめちゃめちゃおいしい!

でもこのバナナ5本が重たかった。

バナナは日本の甘いのとは違って、芋みたいな食感なので結構お腹にたまります。

そのあとは、子供達が僕のお風呂用に近くの水路まで水を取りに行ってくれました。

これがお風呂。

村のお風呂

このバケツを持って水路まで行ってくれました。

ありがたい。

お風呂は、小さな桶でバケツから水をすくって体にかける方式です。

そして、ここはお昼を食べた家とは別の家のキッチン。

発展途上キッチン

アジがあっていいですね。

おもしろそうなドミニカの村滞在!

たのしみ!!