地元ヤンキーに絡まれた【ドミニカ共和国】

前回の記事に続き、

急遽滞在することになった村で案内をしてもらっていました。

すると、店員がいない商店を発見。

その商店の前では、明らかにやんちゃそうな若者たちが酔っ払っています。

「おい、そこの中国人!何やってんだ!」

絡まれました。

でも僕は知ってるんです。

教わったんです。

”この村の人たちはみんな家族” だと。

一緒に飲むことにしました。

地元ヤンキー

これがドミニカの”colmado飲み”です。

※”colmado”はコンビニのような商店のこと

店員がいない”colmado”からはお酒が取り放題。

あとで店員が戻ってきたときに、数を数えてお金を払うのだそう。

これも”この村の人たちはみんな家族” だからこそ出来ることですね。

このまま彼らとは2、3時間程一緒に飲み、その途中には

ドミノをしたり、

ドミニカドミノ

闘鶏の鶏を品定めしたり、

闘鶏に参加

山の上まで行ったりしました。

車内はクラブ

山頂の絶景

ちなみに運転手はお酒を飲んでいないので、飲酒運転ではありません。

村は山奥にあるので、山頂までは車で5分もかかりませんでした。

ヤンキーのみ

山頂にはテレビ局のアンテナなどが立ち並んでいます。

テレビ局アンテナ

彼らと飲んだ後は、

泊まる家のおばあちゃんに呼ばれ、キリスト教の集会に行くことに!

その集会では信じられないことが連発!!

次記事に続く。