先住民女性のプロレス?【ボリビア旅】

ボリビアでは、先住民女性(チョリータ)が民族衣装でプロレスをする、通称”チョリプロ”が有名らしい。

なにそれ?そんなの見なきゃ損だろ!

ということで見に行って来ました!

今回行ったチョリプロの会場までは、ラパスの中心から約1時間。

ツアー会社を利用し、サンフランシスコ教会から出るバスで向かうことに。

サンフランシスコ教会に行く前に、

乗りたかった”Teleférico(ロープウェイ)”に乗車。

ロープウェイ

ラパスは標高差が激しい町なので、この”Teleférico”は大事な交通手段です。

利用者の中には自転車を担いで乗っている人の姿もちらほら。

メトロのように改札があり、車体の色別にルートが分かれています。

今は政府ががんばって”Teleférico”の線を増やしている最中だそう。

ラパスの街

真上から町を見るのもおもしろい。

で!

サンフランシスコ教会からバスで出発!!

20分くらい走ると一旦停止し、ラパスが一望できる展望台とやらで降ろされました。

ツアー会社なんでこういうサービスがあるんですね。

その展望台からの景色がこれ。

貧困層の家

屋根の作り

いや、屋根。

ほぼ屋根。

展望台っていうからもっと確実な絶景を期待したのに、視界の半分以上が屋根。

ラパスの中でも、標高が高いところは生活が厳しく家賃が安いので、その分貧困層が多いらしい。

なので、ここから見えるのは貧困層の家の屋根。

展望台はみんな期待ハズレだったのか、お客さんたちはすぐにバスに戻り、バスも再出発。

バスの中でチョリプロのチケットが配られます。

プロレスチケット

そして到着。

会場は小学校の体育館のようなところでした。

プロレス会場

チケットについていたクーポン券でポップコーンとコーラをもらい、いざ観戦!

選手たちは踊りながら入場。

にこやかな笑顔の選手と、明らかに悪党の選手、

優しそうな審判と、何かしでかしそうな審判が出てきて、筋書きどおりであろう戦いが繰り広げられます。

普通のプロレスも見たことはないけど、同じ感じなのかな?

チョリプロ観戦

おばプロ

喧嘩

殴り合い

悪党審判もがっつり殴る。(チョリータだけじゃなく、男性レスラーも出てきます)

悪党審判

いやぁ、激しかった。

おばちゃんたち激しすぎる。おばちゃんってあんなに動けるんですね。

そして、プロレスを全く知らなかった。

他のプロレスとは全然違うかもだけど、かなりおもしろかったです。

会場のスペースめっちゃ空いてて、風も入ってきてかなり寒かったけど、騒いで熱気でどうにかなりました。

お客さんが騒がなかったらしらけそうな雰囲気だったけど、騒いで盛り上がりたい人はぜひ。