チチカカ湖に浮かぶ港町、コパカバーナ【ボリビア旅】

高山病の症状も落ち着いてきたので、

ラパスからバスとボートで3時間半くらい?のところにある”コパ・カバーナ”に行ってきました。

”コパ・カバーナ”はチチカカ湖に面した湖畔の町です。

道中のバスから。

チチカカ湖

コパカバーナはチチカカ湖に浮かぶ島にあるので、ラパスから行くにはボートで湖を渡らなければなりません。

ボート乗り場の近くにはお店がいっぱい。

立ち並ぶお店たち

ジャンボコーン

一旦バスを降りて、ボートに乗り込みます。

チチカカボート

そして渡ります。

川渡り

バスも別のボートで運ばれます。

バスの湖移動

渡ったらバスに乗り込み、また1時間くらい走るとようやく”コパ・カバーナ”に到着です。

コパカバーナ

いろんな形のボートがあったり、出店がたくさん出てたり、テーブルゲームがそこら中に置かれていたり、

アルパカがいたり、乗ロバがあったり、港付近は観光地感がすごく出ていました。

アルパカ

乗ロバ

今回は港以外を周ることはできなかったけど、もっと深い何かがあったかも。

ペルー側からのチチカカ湖は全く違うらしいので、近い将来行かないと。