うそでしょ、念願のユニフォームなのに。ニカラグアバレーボール

以前の記事で、

バレーボールナショナルリーグの開幕戦までに、

”うちのチームのほとんどが経済的な理由でユニフォームを買うことができなかった”

と書きましたが、開幕3戦目を前にしてついに、そのユニフォームが届いたんです!!

開幕からの2試合は、

GUの白インナーTにマジックで背番号を書いたものを着て、

チームユニフォームが早く届くことを祈りながら2試合を戦い、

バレー国内リーグ

開幕から約1カ月が経った第3試合目を前にして、

ようやくみんなからのお金が集まり、ついに念願のユニフォームが!!!

キャプテンからユニフォームが入った袋を受け取り、

嬉しさのあまりニヤケながら袋を開け、ユニフォームを広げてみると、

番号がデカイ!!!

フォントミス

業者、文字サイズミスってる!!!

お腹の番号大きすぎる!!!

ダサい!!!

バレーボール大会

チーム結成から約2カ月かかって、

ようやくみんなのお金が揃って買えた念願のユニフォームなのに、

隣コートでやってる女子リーグのチームに笑われるほど番号デカイし、

ついには審判団にまで、”Numeros grandes”(番号デカイチーム)と呼ばれるし、

胸のチームロゴと偽物アディダスのマークが1試合やって剥がれる人続出するし、

散々。

日本では考えられないことのオンパレードです。

でも、そんなことが当たり前みたいに

余裕で笑って流してるニカラグア人を見て、そんなのどうでもよくなりました。

このチームで、このユニフォームで頑張ります。

日本人バレー世界

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大