スペイン語初級文法

【スペイン語文法】直接目的格人称代名詞!

 

 今回は、知っていると会話力が格段にアップする目的格人称代名詞について説明します。

多少ややこしい部分もありますが、目的語を何度も繰り返さずに、言い換えができる代名詞となりますので、覚えてしまいましょう!

 

 

目的格人称代名詞とは

 スペイン語の目的格代名詞は、2つに分類することができます。

 

「直接目的格人称代名詞」と「間接目的格人称代名詞」です。

 

日本語でいうと、直接目的語は「何を・誰を」を指す「~を」を表す人称の代名詞を示し、

間接目的語は「誰に」を指す「~に」を表す人称の代名詞を示します。

 

間接目的格人称代名詞は、別記事で紹介します。

 

目的格人称代名詞の形

 両種類とも以下のように、人称と単数・複数により変わり、直接目的格人称代名詞は、3人称においては性が存在し、使い分けが必要となりますので注意しましょう。

 

直接目的格人称代名詞と間接目的格人称代名詞は、混乱しやすいのでセットで覚えてしまいましょう。

 

 また、国や地域によって直接目的格人称代名詞の3人称男性形の単数・複数のかたちが間接目的格人称代名詞となっていることもあります。(lo/losがle/lesとなります。)

例)Mi amigo los(les) conocen. (私の男友達は彼らを知っています。)

目的格人称代名詞表

目的格人称代名詞表

 

直接目的格人称代名詞の用法

 直接目的格人称代名詞の用法に入る前に、直接目的語ついて説明します。

先ほど説明したように、日本語で言う「~を」を指しますが、通常スペイン語では、この「~を」が特定の人や動物にあたる場合は、前置詞のaが必要となります。

 

例)Espero a Seru. (セルを待ちます。)

  Espero el tren. (電車を待ちます。)※特定の人や動物に当たらないので、aは不要となります。

 

では、直接目的格人称代名詞の用法を見ていきましょう。

直接目的格人称代名詞は、動詞を活用する場合動詞の直前に置くか、

動詞が肯定命令形・不定詞・現在分詞の場合は動詞の語末にくっつけて、動詞と合わせて一つの単語のように置きます。

 

例)Busco a Ryuya. (私はりゅうやを探します。)

上の文の「りゅうやを」の部分を3人称男性/単数形のloに置き換えると、次のような文になります。

  Lo busco en Nicaragua. (私は彼をニカラグアで探します。)

  Tengo que buscarlo en Nicaragua. (私は彼をニカラグアで探さなければならない。)

  上の文では、buscarの後にloを置いていますが、tengo que buscarの前にloを置くことも可能です。

  Lo tengo que buscar en Nicaragua. (私は彼をニカラグアで探さなければならない。)

 

 

中性形loの用法

 すでに出ている文や漠然とした状況、serなどの動詞の主格補語として先に出てきた名詞や形容詞などを指したいとき、中性形のloを用います。

単数・複数や性に関わらず、loとなります。

 

例)Lo disfruto mucho. (とても楽しんでいます。)

  ¿Son ustedes japoneses? (あなたたちは日本人ですか?)

    Sí, lo somos. (はい、そうです。)

 

まとめ

 日本語に置き換えると分かりやすいですが、スペイン語だと混乱しやすいので、繰り返し練習することが重要だと思います。

 

 次の文法の記事では、間接目的格人称代名詞について紹介していきますが、使い方が非常に似ているのでここでつまずかないようにしましょう!

 

 

 

 

僕が読み漁ったスペイン語の参考書

 

上の参考書の新版

 

 

執筆者:Rika  (Instagram)

監修:りゅうや(Instagram)

 

-スペイン語初級文法

© 2020 スペイン語やろうぜ Powered by AFFINGER5