スペイン語初級文法

【スペイン語文法】所有形容詞と所有代名詞!

 

 

今回の記事ではスペイン語の所有詞について紹介します。

所有詞は「~の」という意味を表すので、文章だけでなく、会話でも重要な表現となります。ぜひこの記事でマスターしてください。

 

 

所有詞とは

 名詞について、「私の」や「彼の」、「あなた方の」といった意味を表し、修飾する名詞の所有を表すもので、名詞を説明することから、正確には所有形容詞と呼ばれます。

 

 このように、それぞれの人称の所有を表すので、所有形容詞も1~3人称とその単数、複数の6種類が存在します。

 

 また、形容詞と同様、修飾する名詞と性数一致(所有している人の人数ではなく、セットとなる名詞にあわせます)するので、注意しましょう。

 

 

所有詞の形

 所有形容詞は、短縮形と完全形(それぞれ、前置形、後置形と呼ばれることもあります)の2種類の形が存在します。

 

短縮形は以下のとおりです。

所有詞短縮形表

所有詞短縮形表

 

 

完全形は以下のとおりです。

所有詞完全形表

所有詞完全形表

 

 

所有詞の用法

 短縮形を名詞に前置することで、「~の●●(名詞)」という意味を表すことができます。

 

また、完全形を使用する場合は、修飾する名詞の後ろに置きます。

 

短縮形を使用する場合は、冠詞を使用することができませんので、冠詞と一緒に使用する場合は完全形を用いる必要があります。

 

例)tu jefe(君の上司)

  Seru es amigo mío. (セルは私の友達です。)

  Sus ojos son azules.(彼女の目は青い)

  ¡Que disfrutes tus vacaciones!(休暇を楽しんで。)

 

 また、完全形はser動詞と一緒に主格補語として使われることもあります。

この主格補語としての用法は完全形のみ可能で、短縮形を使うことはできません。

 

なお、ser動詞については、estar動詞とともに別記事で詳しく説明していますので、そちらをご参照ください。

こちらもCHECK

【スペイン語】SERとESTARの使い分けを徹底解説!

続きを見る

 

例)¿De quién es esta mochila?(このかばんは誰のものですか。)

  Es mía. (私のものです。)

また、所有形容詞と名詞の間に、形容詞を置くことが可能です。

例)mi buen amigo(私のよい友達)

 

 

3人称の所有詞の言い換え

 スペイン語の3人称は「彼」、「彼女」、「あなた(男性、女性)」と様々なパターンを指し示しますが、

所有形容詞はsu(短縮形)とsuyo(完全形)の1種類しかないので、誰のことか判別しにくい場合があり得ます。

 

 そういう場合は、定冠詞+名詞+de+所有者という形で所有者を明示することができます。

このとき、所有形容詞とde+所有者を同時に使用することはできないことに注意してください。

 

 

例)su cuaderno(彼のノート)

  el cuaderno de él(彼のノート)

  el cuaderno de Seru(セルのノート)

 

所有代名詞

 定冠詞と所有形容詞の完全形を一緒に使用することで、代名詞として使用することができます。

日本語訳としては「~のもの」という風に考えるといいでしょう。

 

例)Mi gata se parece bastante a la tuya.(私の猫は君の猫にかなり似ています。)

 

まとめ

 所有詞に2種類の形があることに最初驚いた方もいるかもしれません。

 

しかし、上記の使い分けのルールもそこまで難しい話ではないと思います。

 

先に学習している形容詞やser動詞と一緒に使用することが多いので、自分のモノを紹介する練習をすれば効率的にマスターできるので、頑張りましょう。

 

 

 

僕が読み漁ったスペイン語の参考書

 

上の参考書の新版

 

 

執筆者:Rika  (Instagram)

監修:りゅうや(Instagram)

 

-スペイン語初級文法

© 2020 スペイン語やろうぜ Powered by AFFINGER5