スペイン語初級文法

【スペイン語文法】間接目的格人称代名詞!

 

 今回の記事では、「目的格人称代名詞」の中の「間接目的格人称代名詞」について紹介します。

 

前回紹介した直接目的格人称代名詞と混乱しないように気を付けましょう!

 

 

間接目的格人称代名詞とは

 スペイン語の目的格代名詞は、2つに分類することができます。

 

「直接目的格人称代名詞」と「間接目的格人称代名詞」です。

 

おさらいですが、日本語でいうと、次のことを示します。

直接目的語:「何を・誰を」を指す「~を」を表す人称の代名詞

間接目的語:「誰に」を指す「~に」を表す人称の代名詞

 

「直接目的格人称代名詞」についてはこちらの記事をご覧ください。

こちらもCHECK

直接目的格人称代名詞
【スペイン語文法】直接目的格人称代名詞!

続きを見る

 

目的格人称代名詞の形

 両種類とも以下のように、人称と単数・複数により変わり、直接目的格人称代名詞は、3人称においては男性・女性の2通りの形式が存在し、使い分けが必要となりますので注意しましょう。

 

直接目的格人称代名詞と間接目的格人称代名詞は、混乱しやすいのでセットで覚えてしまいましょう

 

また、国や地域によって直接目的格人称代名詞の3人称男性形の単数・複数の形が間接目的格人称代名詞となっていることもあります

その場合、lo/losがle/lesとなります。

 

例)Mi amigo los(les) conocen. 

 (私の男友達は彼らを知っています。)

 

スペイン語の目的格人称代名詞

スペイン語の目的格人称代名詞

 

間接目的格人称代名詞

間接目的語とは?

 間接目的格人称代名詞の用法に入る前に、間接目的語ついて説明します。

先ほど説明したように、日本語で言う「~に」の対象となる人や物を指しますが、通常スペイン語では、前置詞のaが必要となります。

 

例)Seru regala el tiquete a Ryuya. 

 (セルはりゅうやにチケットをプレゼントします。)

 

  Entrego la llave a mi novia. 

 (私は彼女に鍵を渡します。)

 

 

間接目的格人称代名詞の用法

 では、間接目的格人称代名詞の用法を見ていきましょう。

 

上の間接目的語の例で説明した「~に」にあたる部分を、人称代名詞に置き換えて考えることを間接目的格人称代名詞といいます。

 

間接目的格人称代名詞は、直接目的格人称代名詞と同様、動詞を活用する場合動詞の直前に置くか、動詞が肯定命令形・不定詞・現在分詞の場合は、動詞の語末にくっつけて、動詞と合わせて一つの単語のように置きます。

 

例)Esta foto recuerda a Ryuya la vida en Nicaragua.

 (この写真はりゅうやにニカラグアでの生活を思い出させます。)

 上の文の「りゅうやに」の部分を3人称男性/単数形のleに置き換えると、次のような文になります。

 

  Esta foto le recuerda la vida en Nicaragua.

 (この写真は彼にニカラグアでの生活を思い出させます。)

 

  Esta foto debe de recordarle la vida en Nicaragua. 

 (この写真は彼にニカラグアでの生活を思い出させるに違いないです。)

 上の文のでは、recuerdarの後にleを置いていますが、debe de recordarの前にleを置く(下の文)ことも可能です。

 

  Esta foto le debe de recordar la vida en Nicaragua. 

 (この写真は彼にニカラグアでの生活を思い出させるに違いないです。)

 

ニカラグア

 

注意すべき点

 さて、ここで重要なのは、上で紹介した例文でleを「彼に」と訳していますが、表で説明したように3人称単数形では、彼/彼女/あなたの違いがないことです。

 

聞き手との間で対象となる人物を特定したい場合は、次のように表現する必要があります。

動詞の後ろに、間接目的語の「a 〇〇」といったように〇〇に対象となる名詞を入れる

 

例文を実際に「a 〇〇」を入れて考えると以下となります。

例)La foto le recuerda a Ryuya la vida en Nicaragua. 

 (この写真はりゅうやにニカラグアでの生活を思い出させます。)

 

直接目的格人称代名詞と間接目的格代名詞が同時に使われる場合の順番

 例えば、日本語で「彼女にそれを渡す。」という文章は「それを彼女に渡す。」と語順を変化することができます。

 

ただし、スペイン語でこの直接目的格人称代名詞と間接目的格代名詞が同時に使われる場合、語順のルールが決まっているので注意しましょう。

スペイン語では、常に「間接目的格人称代名詞+直接目的格人称代名詞」となります。

 

早速例文を見ていきましょう。

例)Me tienes que entregar el documento. 

 (君は私に書類を渡さなければいけません。)

 

この文章のel documentoの部分を直接目的格人称代名詞であるloに変換します。

間接目的格人称代名詞が先にくるので、次のように言い換えることができます。

   Me lo tienes que entregar.

 (君は私にそれを渡さなければいけません。)

 

 

 例)Le entrego la llave a Ryuya.  

 (私はりゅうやに鍵を渡します。)

 

この場合、la llaveの直接目的格人称代名詞がlaとなり、Le la entrego a Ryuyaとしたいところですね。

ですが!

スペイン語では、直接目的格人称代名詞と間接目的格代名詞で3人称が同時に使われる場合、先に置かれる間接目的格人称代名詞が「se」となります!

3人称の単複に関わらず、「se」なるので注意しましょう。

 

なので、上の文は次のように表現するのが正しいです。

  Se la entrego.

 (私は彼にそれを渡します。)

 

 

まとめ

 間接目的格人称代名詞を単独で使う場合は、直接目的格人称代名詞と同じ要領ですが、同時に使われる場合は多少ややこしくなると思います。

 

ただ、語順のルールを頭に入れておけば、人称代名詞でよりスムーズにコンパクトに伝えたいことを伝えることができると思うので、練習して覚えていきましょう。

 

 

 

今おすすめのスペイン語参考書

 

僕が読み漁ったスペイン語の参考書

 

執筆者:Rika  (Instagram)

監修:りゅうや(Instagram)

 

-スペイン語初級文法

© 2021 スペイン語やろうぜ Powered by AFFINGER5