スペイン語初級文法

【スペイン語】直説法現在形の不規則動詞

 

 今回の記事では、スペイン語の動詞活用の不規則動詞について紹介していきます。

 

スペイン語の動詞の活用にみられる「規則変化」「不規則変化」「語根母音変化」のうちの一つです。

 

様々なパターンが存在しますが、日常会話でよく出てくる動詞も多いため、会話の中で覚えてしまうのもありでしょう!

 

 不規則動詞の活用は、1人称のみや決まった人称のみ不規則活用がみられるなど、いくつかパターン分けすることができるので、そのパターンごとに例を見ていきましょう。

 

 

 

1人称のみの不規則変化

1.  1人称単数の活用語尾 → -zco

例)conocer((体験として)知る、知っている):1人称単数の語尾で-erを-zcに置き換え、他の人称では規則変化動詞と同様の活用をします。

 

conocer現在形活用表

conocer現在形活用表

 

その他の主な動詞:agradecer(感謝する)、ofrecer(提供する)、conducir(導く)、traducir(翻訳する)など

 

2. 1人称単数の活用語尾 → -go

例)poner(置く、着せる、つける):1人称単数の語尾で-erを-goに置き換え、他の人称では規則変化動詞と同様の活用をします。

 

poner現在形活用表

poner現在形活用表

 

その他の主な動詞:salir(出る、外出する)、valer(価値がある)など

 

 

 

 

 

3. 1人称単数の活用語尾 → -igo

例)traer(~を持ってくる、(人を)連れてくる、身につけている):1人称単数の語尾で-erを-igoに置き換え、他の人称では規則変化動詞と同様の活用をします。

 

traer現在形活用表

traer現在形活用表

その他の主な動詞:caer(落ちる)、distraer(楽しませる、注意をそらす)、contraer(縮める)など

 

4. 1人称の活用語尾 → -eo

例)ver(見る、会う):1人称単数tの語尾で-erを-eoに置き換え、他の人称では規則変化動詞と同様の活用をします。

 

ver現在形活用表

ver現在形活用表

 

その他の主な動詞:prever(予想する)、entrever(かすかに見える)など

 

5.  1人称単数の語尾 → -go

例)hacer(する、作る、(天候が)~である、用意する):1人称単数の語尾で-cerを-goに置き換え、他の人称では規則変化動詞と同様の活用をします。

※②のパターンとは違い、活用語尾の-erだけではなくcも消えるので注意

 

hacer現在形活用表

hacer現在形活用表

 

その他の主な動詞:satisfacer(満足させる)、deshacer(壊す)など

 

 

 

 

 

6. 1人称単数の語尾 → oy

例)dar(与える):1人称単数の語尾で-arを-oyに置き換え、他の人称では規則変化動詞と同様の活用をします。

 

dar現在形活用表

dar現在形活用表

 

7.  1人称の語幹が変化

例)saber((知識や情報として)知っている):1人称単数をséに置き換え、他の人称では規則変化動詞と同様の活用をします。

 

saber現在形活用表

saber現在形活用表

 

 

8.  1人称の活用語尾 → oy と2人称単数/3人称単数・複数のアクセント付加

例)estar(いる、ある):1人称単数の語尾で-arを-oyに置き換え、2人称単数/3人称単数・複数にはアクセントをつけます。

 

estar現在形活用表

estar現在形活用表

 

 

全ての人称にかかる不規則変化

例)haber(完了形を作る助動詞):全ての人称が不規則変化します。

 

haber現在形活用表

haber現在形活用表

 

 

例)ser(です、~である):全ての人称が不規則変化します。

 

ser現在形活用表

ser現在形活用表

 

 

例)ir(行く):全ての人称が不規則変化します。

 

ir現在形活用表

ir現在形活用表

 

 

 

 

 

 

 

1人称単数の不規則変化、2人称単数・3人称単数/複数で語幹母音変化

 例)tener(持つ、ある):1人称単数の語尾で-erを-goに置き換え、2人称単数/3人称単数・複数でeをieとします。他の人称では規則変化動詞と同様の活用をします。

 

その他の主な動詞:contener(含む)、sostener(支える)など

 

tener現在形活用表

tener現在形活用表

 

 

例)venir(来る、やってくる):1人称単数の語尾で-irを-goに置き換え、2人称単数/3人称単数・複数でeをieとします。他の人称では規則変化動詞と同様の活用をします。

 

venir現在形活用表

venir現在形活用表

 

その他の主な動詞:convenir(都合がいい)、intervenir(干渉する)など

 

 

例)decir(言う):1人称単数をdigoに置き換え、2人称単数/3人称単数・複数でeがiとなります。他の人称では規則変化動詞と同様の活用をします。

 

decir現在形活用表

decir現在形活用表

 

その他の主な動詞:contradecir(反論する)、desdecir(そぐわない)など

 

 

 

 

 

まとめ

 不規則変化動詞はパターンも多く、覚えるのが大変かと思いますが、冒頭でも書いたように日常会話で頻繁に出てくる動詞も多いため、会話の頻度が多くなれば自然と覚えられると思います。

 

時制(過去形や未来形など)によってまた変化が変わってくることも多いので、基本をしっかり覚えれば、これから出てくる他の時制による活用もスムーズに入ってくると思うので、頑張りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕が読み漁ったスペイン語の参考書

 

上の参考書の新版

 

 

執筆者:Rika  (Instagram)

監修:りゅうや(Instagram)

 

-スペイン語初級文法

© 2020 スペイン語やろうぜ Powered by AFFINGER5