スペイン語初級文法

スペイン語の直説法線過去!

 

 この記事では、スペイン語の「直説法線過去の活用と用法」について紹介していきます。

 

 前回紹介した点過去と同様、過去についての表現ですが、まずはそれぞれの用法のイメージをつかみましょう。

 

活用については、線過去は点過去に比べて不規則変化は少なく単純ですので、今回でしっかり覚えてしまいましょう。

 

 

線過去の活用形(規則変化)

 点過去と同様、線過去の活用も、ar動詞とir/er動詞で活用形を分けることができます。

ir動詞とer動詞に関しては、同じ活用形を使用して変化させます。

 

線過去では1人称単数と3人称単数の活用形が同じであることに注意しましょう。

 

 それぞれの活用は以下の通りです。

ar動詞 線過去活用形

ar動詞 線過去活用形(規則変化)

er/ir動詞 線過去活用形(規則変化)

er/ir動詞 線過去活用形(規則変化)

 

Desayunar(朝食をとる)

Yo desayunaba.(私は朝食をとっていました。)

Tú desayunabas.(君は朝食をとっていました。)

Él desayunaba. (彼は朝食をとっていました。)

Nosotros desayunábamos(私たちは朝食をとっていました。)

Vosotros desayunabais. (君たちは朝食をとっていました。)

Ellos desayunaban. (彼らは朝食をとっていました。)

 

Comer(昼食をとる)

Yo comía.(私は昼食をとっていました。)

Tú comías. (君は昼食をとっていました。)

Él comía. (彼は昼食をとっていました。)

Nosotros comíamos. (私たちは昼食をとっていました。)

Vosotros comíais. (君たちは昼食をとっていました。)

Ellos comían. (彼らは昼食をとっていました。)

 

Escribir(書く、手紙を書く)

Yo escribía.(私は手紙を書いていました。)

Tú escribías. (君は手紙を書いていました。)

Él escribía. (彼は手紙を書いていました。)

Nosotros escribíamos. (私たちは手紙を書いていました。)

Vosotros escribíais. (君たちは手紙を書いていました。)

Ellos escribían. (彼らは手紙を書いていました。)

 

用法

 線過去は過去における継続的な行為や習慣、過去の状態などを表すため、基本的に「昨日」や「昨夜」など明確な時間を表す言葉と一緒には使用しません。

 

過去の継続的な行為や状態、習慣

 始まりや終わりが明示されない行為や状態、過去の習慣を表します。

 

  例)Hacía buen tiempo en Cartagena.

   (カルタヘナはいい天気でした。)

 

    En verano mi madre se levantaba temprano.

   (私の母は夏、朝早く起きていました。)

 

    Estaba de moda la comida italiana.

   (イタリア料理が流行りでした。)

 

    Jugábamos al baloncesto en este parque.

   (私たちはこの公園でバスケットボールをしていました。)

 

過去のある時点における状態や習慣的な行為

 基準となる過去の時点が示され、その時点の状態や習慣的な行為を表します。

 

  例)En aquel entonces no se vendían alcachofas en Japón.

   (当時、日本ではアーティチョークは売っていませんでした。)

 

    Antiguamente los mayas vivían en esta tierra.

   (昔、この土地にはマヤ人が住んでいました。)

 

まとめ

 今回、線過去の活用と基本的な用法を紹介しました。

 

このほかの使い方もありますが、たくさんの例文を見て、まずは線過去の用法の基本的なイメージをつかむようにしましょう。

 

 

 

僕が読み漁ったスペイン語の参考書

 

上の参考書の新版

 

 

執筆者:Rika  (Instagram)

監修:りゅうや(Instagram)

 

-スペイン語初級文法

© 2020 スペイン語やろうぜ Powered by AFFINGER5