スペイン語文法初級

スペイン語の「好きです。」「嫌いです。」

 

今回の記事では、スペイン語での好き嫌いの表し方を紹介します。

 

文法的には少し変則的な表現の仕方ですので、何度も使って練習して慣れてしまいましょう。

 

 

「好きです。」を表すために使用する動詞

 スペイン語で「○○が好きです」という表現をする際に、「gustar」という動詞を使うことができます。

 

ただ、このgustarという動詞は、本来「○○(主語)は~(人)に気に入らせる」という意味ですので、「私は○○が好きです」と表現したい場合の文の組み立て方に注意する必要があります。

 

動詞gustarの使い方

 それでは早速、gustarという動詞を用いた文の作り方を見てみましょう。

 

 gustarの主語に「好きである対象物」、間接目的語に「好きであると考えている主体」を当てはめて、文を作成します。

 

 言葉で説明しても分かりにくいので、例文を見てみましょう。

なお、間接目的語や間接目的格人称代名詞については、以下の記事で詳しく説明しているので、ぜひあわせて参照してください。

こちらもCHECK

間接目的格人称代名詞
【スペイン語文法】間接目的格人称代名詞!

続きを見る

 

例)Me gusta el baloncesto. (私はバスケットボールが好きです。)

 この場合、文の主語であるel baloncesto(バスケットボール)が好きな対象物であり、間接目的語として表されているme(私)が好きであると考えている主体となります。

 

 日本語では、「私は」と表現されているので、gustarを1人称単数にあわせてgustoとしてしまいたくなりますが、文法上はel baloncestoという3人称単数が主語ですので、それにあわせてgustaとすることに注意してください。

 

 また、gustarを使用した文の場合、通常、文の主語(好きな対象物)は動詞の後ろに置きます。

 

 

 これらの考え方を踏まえて、もう少し例とそれぞれの解説を見てみましょう。

例)Me gustan estas gafas. (私はこの眼鏡が好きです。)

  ※好きな対象物(文の主語)がestas gafasと複数形なので、gustarを3人称複数の活用であるgustanとします。

 

  Te gusta el café con leche. (君はカフェオレが好きです。)

  ※好きである主体が「君」の場合、2人称単数の間接目的格人称代名詞(te)を使用します。

 

  Le gustan los dulces. (彼は甘いものが好きです。)

  ※こちらは好きである主体が「彼」なので、3人称単数の間接目的格人称代名詞(le)を使用します。また、好きな対象物(文の主語)が複数形なので、gustanと活用しています。

 

 なお、3人称の間接目的格人称代名詞は単数では、「彼/彼女/あなた」、複数では「彼ら/彼女ら/あなた方」と様々な可能性が考えられるので、指し示す対象を明確にしたい時には、a 〇〇と表示することがあります。

例)A mi hermana le gusta el chocolate. (私の姉はチョコレートが好きです。)

  Le gusta el vino tinto a usted. (あなたは赤ワインが好きです。)

 

 まとめると、日本語の主語がgustarを使った文では間接目的語になり、好きなものを主語として動詞の後ろに置き、好きなものが単数であれば、活用形はgusta、好きなものが複数であれば、活用形はgustanとする、となります。

好きの程度と「嫌いです。」

 動詞gustarとともにmucho(とても)という語を使用することで、「大好き」という気持ちを表現することができます。

 

また、「大好きです。」という意味を表す「encantar」という動詞を使用することも可能です。

使い方はgustarと同じですが、こちらはencantarのみで「大好き」と表すため、muchoと併用することはできませんので注意してください。

 

例)Me gustan mucho los perros. (私は犬が大好きです。)

  Me encanta la cerveza. (私はビールが大好きです。)

 

 また、gustarを使用した文を否定文にすることで「嫌い」を表すことができます。

nada(全然~ない)を付け加えることで強調することも可能です。

 

例)No me gusta el arroz con leche. (私はライスプディングが嫌いです。)

  No le gusta nada el pescado crudo. (彼は生魚が大嫌いです。)

 

 嫌いを表すには、odiar(憎む)という動詞を使うこともできます。

こちらはgustarやencantarとは違い、嫌う主語にあわせて活用させる普通の使い方です。

 

例)Odio el videojuego. (私はテレビゲームが嫌いです。)

  Ella odia a ese profesor. (彼女はその先生を嫌っています。)

 

まとめ

 「好きです」と表現するために使用する動詞gustarは、少し変わった使い方をします。

 

しかし、好き嫌いの表現は会話でも重要ですので、使いこなせるようになりましょう。

食べ物やスポーツの名前などと一緒に練習するのがいいかもしれません。

 

 

 

僕が読み漁ったスペイン語の参考書

 

上の参考書の新版

 

 

執筆者:Rika  (Instagram)

監修:りゅうや(Instagram)

 

-スペイン語文法初級

© 2020 スペイン語やろうぜ Powered by AFFINGER5