スペイン語役立ち記事

【体の部位編】スペイン語の慣用句まとめ!

 

 この記事では、「体の部位を使ったスペイン語の慣用句」を紹介していきます!

 

以下の記事でもいくつか紹介していますが、今回はさらに多くの表現を載せていきたいと思います。

こちらもCHECK

スペイン語で体の部位
スペイン語で体の部位を覚えよう!【慣用句も】

続きを見る

 

慣用句は、意味を知っていないと理解するのはもちろん、使いこなすことは難しいです。

なので、今回の場合は、スペイン語での「体の部位」の名称をぜひ上の記事で復習した上で、体の部位を使った慣用句を覚えていただきたいと思います。

 

ではさっそく見ていきましょう!

 

 

体の部位を使った慣用句

dar la mano a ~ (mano:手)

意味:~に手を貸す、~を手伝う

 "echar una mano"という表現もあります。

例)La vi tan cansada así que le di la mano.

 (とても疲れて見えたので、彼女に手を貸しました。)

lavarse manos (mano:手)

意味:手を引く、関わりを持たない

例)Él se lavó manos de ese grupo.

 (彼はあのグループから手を引いた。)

ser uña y carne (uña:爪/carne:肉)

意味:切っても切れない仲である、非常に親しい

例)Ryuya y Seru son uña y carne. Están siempre juntos.

 (りゅうやとせるは本当に仲いいね。いつも一緒にいるもん。)

no tener dos dedos de frente (dedo:指)

意味:(人が)思慮のない、無分別である

例)Mira esa desastre por no tener dos dedos de frente.

 (軽率がゆえにあんなひどいことに。)

cruzar los dedos (dedo:指)

意味:成功を願う(指を交差させて)

 これは言葉というよりも、よくジェスチャーで使われます。いわゆる"¡Suerte!"(成功を!幸運を!)といった意味ですね。

例)Cruzo los dedos por tu examen.

 (君の試験の成功を願うよ。)

abrir la boca (boca:口)

意味:発言する

例)Es mejor que no abras la boca hasta que tu mamá te diga algo.

 (君のお母さんが何か言うまで君は黙っている方がいいよ。)

no tener pelos en la lengua (pelo:髪/lengua:舌)

意味:思ったことを口に出す

例)Ella se está buscando muchos enemigos por no tener pelos en lengua.

 (彼女は思ったことをそのまま言うので、敵をたくさん作ってしまっている。)

dar la cara (cara:顔)

意味:(自分のしたことに)責任を持つ、問題から逃げない

例)La gente critica al gobierno por no dar la cara.

 (人々は政府が責任逃れといって批判します。)

decir … a la cara a ~ (cara:顔)

意味:~に面と向かって…を言う

例)Tienes que decir lo que sucedió en aquella noche a la cara al profesor.

 (あの夜に起こったことを先生に面と向かって言わなきゃだめだよ。)

levantar cabeza (cabeza:頭)

意味:立ち直る、苦境から脱する

 否定の文脈で使われることが多いようです。

例)No ha podido levantar cabeza desde que se murió su abuelo.

 (おじいさんが亡くなってから彼は立ち直れないでいます。)

cruzarse de brazos (brazo:腕)

意味:手をださない、何もしない

例)Por su característica creo que se va a quedar con los brazos cruzados.

 (彼女の性格からして絶対何もしないと思う。)

con los brazos abiertos (brazo:腕)

意味:両手を広げて、心から、温かく

 この表現はラテンっぽいです!友達同士、家族同士幅広く使えます。

例)Te espero en México con los brazos abiertos.

 (メキシコで君のことを心待ちにしてるね。)

ser codo (codo:ひじ)

意味:けちである

 特にメキシコでよく使われる表現です。

例)Siempre separamos la cuenta, él es codo.

 (いつも割り勘なの。彼はケチだなぁ。)

tener los pies en la tierra (pie:足)

意味:現実的である、地に足がついている

例)Ryuya y Seru son muy diferentes. Ryuya es la parte creativa y Seru es la que tiene los pies en la tierra.

 (りゅうやとせるは全然違う。りゅうやクリエイティブでせるは地に足がついている。)

echar un ojo a ~ (ojo:目)

意味:見張る、チラッと見る

例)El padre se sitúa cerca de la ventana para echar un ojo a sus hijos.

 (お父さんは息子たちを見張るために窓際にいる。)

cerrar los ojos (ojo:目)

意味:思い切って行動する、目をつぶる、死ぬ、見て見ぬふりをする

例)Tenemos que dejar de cerrar los ojos ante la realidad.

 (現実を見て見ぬふりをするのをやめなければならない。)

tomarse … a pecho (pecho:胸)

意味:…を深刻に受け止める、…に腹を立てる

例)No tienes que tomarte tan a pecho los comentarios de los demás.

 (他の人の意見をそんな深刻に受け止めなくていいよ。)

まとめ

 特によく聞かれる表現をまとめてみましたが、他にもまだまだあります!

まずはよく使われるものから覚えて、徐々にバリエーションを増やしていくといいと思います。

 

また別記事で食べ物や動物などを用いた慣用句についてもまとめていますので、ぜひ参考にしてください!

こちらもCHECK

スペイン語慣用句食べ物
【食べ物編】スペイン語の慣用句まとめ!

続きを見る

こちらもCHECK

スペイン語慣用句動物
【動物編】スペイン語の慣用句まとめ!

続きを見る

 

 

 

今おすすめのスペイン語参考書

 

僕が読み漁ったスペイン語の参考書

 

執筆者:Rika  (Instagram)

監修:りゅうや(Instagram)

-スペイン語役立ち記事

© 2021 スペイン語やろうぜ Powered by AFFINGER5