スペイン語中級文法

スペイン語の「関係代名詞que」

 

 この記事では、スペイン語の「関係代名詞」について紹介していきます。

 まず、関係代名詞の働きを理解するようにしましょう。

 

 

関係代名詞とは

 関係代名詞は、主節と従属節をつなぐ働きをする関係詞のうちの一つです。

 

関係詞は、基本的に、主節のある語(先行詞と呼びます)を関係詞以降に続く従属節の内容で修飾して、二つの節をつなげる役割を果たします。

 

 

この説明だけではイメージしにくいと思いますので、以下で具体的な文を使いながら見ていきましょう。

 例)Regalaré a mi novia la novela que compré en la librería.

  (私が本屋で買った小説を私は彼女にプレゼントするつもりです。)

 

 上記の例文は、以下の二つの文が元になっています。

 ①Regalaré a mi novia la novela.

 (私は彼女にその小説をプレゼントするつもりです。)

 ②Compré la novela en la librería.

 (私はその小説を本屋で買いました。)

 

 これら二つの中で共通の要素であるla novelaを先行詞として、二つ目の文を従属節として修飾することになります。

二つ目の文を従属節として主節につなげる際に、la novelaを関係代名詞queとして先行詞の直後に置きます

 

 この例文では、la novela(先行詞)が従属節の中では「名詞」として直接目的語の働きをしているので、queは関係代「名詞」です。

(同様に、先行詞が従属節中で副詞であれば、使用する関係詞は関係副詞となり、先行詞が従属節中で形容詞として機能していれば、使用する関係詞は関係形容詞となります。)

 

関係代名詞が使用される基本形

 関係代名詞が使用される基本的な形は以下のとおりです。

 

 主節(先行詞)+関係代名詞+従属節(主語か直接目的語が欠けた文)

 

 このとき、従属節中の名詞を関係代名詞として先行詞の直後に置いているため、従属節は、その名詞が果たしていた役割である主語か直接目的語が欠けた不完全な文となります。

 

 例)Allí está la librería que me vendió la novela.

  (あそこに私にその小説を売ってくれた本屋があります。)

  ※先行詞 la libreríaが従属節中で主語の働きをする場合

 

   Le regalé a mi novia la novela que traduje al japonés.

  (私が日本語に翻訳した小説を私は彼女にプレゼントしました。)

  ※先行詞la novelaが従属節中で直接目的語の働きをする場合

 

 

関係代名詞que

 関係代名詞として最も一般的に使われるものは、「que」です。

 関係代名詞queの先行詞は人でも事物でも可能で、表す内容にかかわらず、性や数について変化しません

 

 例)La película que estamos viendo es muy famosa.

  (私たちが見ている映画はとても有名です。)

 

   La mujer que cenó en este restaurante ayer es mi suegra.

  (昨日、このレストランで夕食をとった女性は私の姑です。)

 

 

まとめ

 今回、関係詞のうち、関係代名詞について紹介しました。

 少し複雑に感じるかもしれませんが、関係代名詞を使うと、一文でたくさんの内容を伝えることができるようになります。

 

 

 

僕が読み漁ったスペイン語の参考書

 

上の参考書の新版

 

 

執筆者:Rika  (Instagram)

監修:りゅうや(Instagram)

 

-スペイン語中級文法

© 2021 スペイン語やろうぜ Powered by AFFINGER5