スペイン語中級文法

スペイン語の直説法過去未来

 

 

 この記事では、スペイン語の「直説法過去未来の活用と用法」ついて紹介していきます。

活用の種類も点過去のように多くなく、用法も簡単なものが多いのです。

 

では、さっそく見ていきましょう。

 

 

過去未来の活用形(規則変化)

過去未来の活用語尾は、ar/ir/er動詞全てにおいて同じです。

 

未来形と同じように、動詞の語末であるar/ir/erを取って考えるのではなく、不定詞のあとにそのまま活用語尾を置くだけで活用形が完成します。

 

規則変化動詞の活用は以下の通りです。

直説法過去未来活用形

直説法過去未来活用形

 

具体例として、それぞれの動詞を活用してみましょう。

 

Desayunar(朝食をとる)

Dije que desayunaría. (私は、朝食をとると言いました。)

Dije que tú desayunarías. (私は、君は朝食をとると言いました。)

Dije que él desayunaría. (私は、彼は朝食をとると言いました。)

Dije que nosotros desayunaríamos. (私は、私たちは朝食をとると言いました。)

Dije que vosotros desayunaríais. (私は、君たちは朝食をとると言いました。)

Dije que ellos desayunarían. (私は、彼らは朝食をとると言いました。)

 

Comer(昼食をとる)

Dije que yo comería. (私は、昼食をとると言いました。)

Dije que tú comerías. (私は、君は昼食をとると言いました。)

Dije que él comería. (私は、彼は昼食をとると言いました。)

Dije que nosotros comeríamos.(私は、私たちは昼食をとると言いました。)

Dije que vosotros comeríais.(私は、君たちは昼食をとると言いました。)

Dije que ellos comerían.(私は、彼らは昼食をとると言いました。)

 

Escribir(書く、手紙を書く)

Dije que yo escribiría. (私は、手紙を書くと言いました。)

Dije que tú escribirías. (私は、君は手紙を書くと言いました。)

Dije que él escribiría. (私は、彼は手紙を書くと言いました。)

Dije que nosotros escribiríamos. (私は、私たちは手紙を書くと言いました。)

Dije que vosotros escribiríais. (私は、君たちは手紙を書くと言いました。)

Dije que ellos escribirían.(私は、彼らは手紙を書くと言いました。)

 

過去未来の活用形(不規則変化)

 未来形と同様の不規則変化動詞が存在するので、紹介していきます。

 

不定詞の最後の母音が落ちる

 例)saber((情報や知識を))知っている)

  :最後のeを脱落させ、sabr-とし、活用語尾については規則変化動詞と同様の活用をします。

saber 直説法過去未来活用形

saber 直説法過去未来活用形

 

その他の同類の動詞は、以下の通りです。

 

不定詞の最後の母音をdに変化させる

 例)venir(来る)

  :最後のiをdに変化させ、vendr-とし、活用語尾については規則変化動詞と同様の活用をします。

venir 直説法過去未来活用形

venir 直説法過去未来活用形

 

その他の同類の動詞は、以下の通りです。

 

その他

 動詞hacer(する)とdecir(言う)については特別な変化をします。

hacer 直説法過去未来活用形

hacer 直説法過去未来活用形

decir 直説法過去未来活用形

decir 直説法過去未来活用形

 

 

用法

過去のある時点から見た以降の行為・状態(過去から見た未来)

 主節の動詞の時制と一致させる用法です。

 ※上記の動詞の活用の用法と同様

 

 例)Les dije que viajaría por Sudamérica este año.

  (私は、彼らに今年には南米を旅行するつもりですと言いました。)

 

   Nos comprometimos que terminaríamos la tarea de la clase.

  (私たちは、日が暮れるまでに授業の宿題を終わらましょうと約束しました。)

 

   Hoy el profesor me dijo que diría la verdad a tu madre.

  (今日、先生は君のお母さんに本当のことをいうと私に言いました。)

 

過去の行為・状態の推測

 過去の行為や状態について用いることで、推測の意味を表すこともできます。

 

 例)Cuando vimos la película, ella estaría emocionada.

  (私たちがその映画を見たとき、彼女は感動していたでしょう。)

 

   ¿Qué sería esa cosa?

  (これは何でしょうか?)

 

現在・未来の状態・行為の婉曲的な表現

 聞き手を尊重する気持ちを込めるために使われるとされています。

話し手の願望を表す際は遠慮がちな表現となり、聞き手に対する勧告や助言を和らげる効果もあります。

 

 例)Yo diría que la situación no es tan simple.

  (状況はそう単純ではないように思われます。)

 

  Me gustaría hablar con el Sr. Ryuya.

  (りゅうやさんとお話ししたいのですが。)

 

  Deberías pedirle perdón a Seru.

  (君はせるに謝ったほうがいいでしょう。)

 

まとめ

 過去未来形の規則活用は、動詞の種類に関わらず一定で覚えやすいですが、用法はやや複雑かもしれません。

 

過去未来形を使用した婉曲表現は丁寧な会話ではよく使用されるので、ぜひ使いこなせるようにしましょう。

 

 

 

今おすすめのスペイン語参考書

 

僕が読み漁ったスペイン語の参考書

 

執筆者:Rika  (Instagram)

監修:りゅうや(Instagram)

 

-スペイン語中級文法

© 2021 スペイン語やろうぜ Powered by AFFINGER5