スペイン語中級文法

関係詞の非制限用法

 

 この記事では、関係詞の用法の一つである「非制限用法」について紹介していきます。

固有名詞の直後の関係節は、基本的にこの非制限用法が用いられます。

なかなか難しい用法ですが、ぜひ今回の記事を参考にして、使ってみてください。

 

 

制限用法と非制限用法

 先行詞が存在する関係詞の用法には、基本的に制限用法と非制限用法があります。

 

制限用法とは、係節が修飾する先行詞の表す意味の対象を制限する(意味の範囲を狭める)用法です。

 

一方、非制限用法とは、先行詞の表す対象について、追加説明を加える用法です。

非制限用法は、通常、文章では関係詞の前にコンマを置き、口語では少し休止を入れられます。

 

制限用法と非制限用法の違い

 以下で、具体的な例を使いながら、違いを見ていきましょう。

 

 例)Los estudiantes que viven cerca llegan temprano a la escuela.

  (近くに住んでいる生徒は、学校に早く着きます。)

 

 この例は、制限用法ですので、話し手にとって、遠くに住んでいる生徒たちもいれば、あるいは生徒だけでなく先生などの人も考えられる状況で、生徒のうちで近くに住んでいる人に限って言及しています。

 

   Los estudiantes, que viven cerca, llegan temprano a la escuela.

  (その生徒たちは近くに住んでいて、学校に早く着きます。)

 

 この例は、非制限用法で、話し手にとって、問題になるのは生徒で、その生徒たちがみんな近くに住んでいる状況において発話された文と考えられます。

 

 

非制限用法を使用する場合

 先行詞が特定の対象しか表さないような語の場合、ふつう、関係節は非制限用法となります。

具体的には、先行詞が固有名詞や人称代名詞である場合などがあります。

 

 例)Me gustaría viajar a San Andrés, que tiene unas playas maravillosas.

  (私はサンアンドレスに旅行に行きたいと思っていて、そこには美しいビーチがあります。)

 

   La ciudad de Cali, que tiene una comunidad de descendientes japoneses, se sitúa en la provincia de Valle del Cauca.

  (カリ市には、日系人社会があるのですが、バジェ・デル・カウカ県に位置しています。)

 

非制限用法の例

 関係代名詞queだけでなく、そのほかの関係詞でも、非制限用法があります。

 

 例)Ayer tomé unas copas con Ryuya, al que había criticado en el debate de la semana pasada.

  (昨日、私はりゅうやと何杯か飲みましたが、私は先週の議論で彼を批判しました。)

 

   Viví unos años en Jalisco, donde hay muchos sitios turísticos.

  (私はハリスコ州に数年住みましたが、そこには観光名所がたくさんあります。)

 

   Me llamó Seru, con quien viajé por la Ciudad de México el año pasado.

  (せるから電話がかかってきましたが、彼とは去年メキシコシティを旅行しました。)

 

 

まとめ

 今回、関係詞の用法の一つである非制限用法について紹介しました。

 こまかい文法事項のように思えるかもしれず、また、日本語に訳す時にはあまり違いが出しにくいかもしれませんが、意味するところを理解して、正確なスペイン語を使えるようになりましょう。

 

 

 

今おすすめのスペイン語参考書

 

僕が読み漁ったスペイン語の参考書

 

執筆者:Rika  (Instagram)

監修:りゅうや(Instagram)

 

-スペイン語中級文法

© 2021 スペイン語やろうぜ Powered by AFFINGER5