リマからプカルパへのバス移動!標高上がりまくりのエグ旅【ペルー】

ペルーの首都リマから、アマゾンの玄関口プカルパまでのバス移動の記録です。

プカルパは、ナスDが乗ったハンモック船の出発地点としても有名になりました。

おかげでどんどん旅の目的地にする人が増えるかもですね。

リマからバスで行こうと考えている方!ぜひ参考にしてみてください!

リマのバスターミナル

まず始めに、リマからプカルパに向かうバスが出るのは、

多数のバス会社が共同で使用しているバスターミナルではなく

各バス会社ごとに所有している個別のバスターミナルです

バス会社は、そのターミナルと同じ敷地内にオフィスを所有しているので、チケットの購入も同じ場所で行えます。

ただ、各バス会社は市内に点在しているわけではなく、割と密集してターミナルを構えていますので(離れている会社もありますが)、共同ターミナルと同じように、ある程度は値段やサービスの比較も行えます。

利用したバス会社

そして!

僕たちが利用したバス会社は、 “Transmar” !!!

Transmar プカルパ行き値段表

上に貼った値段表のリンクを見てもらえばわかるとおり、プカルパ行きの便の種類が結構豊富です。

安いものから高級なものまであるんで、よりどりみどり。予算に合わせて選べます。

ただし!

リマ→プカルパ間の道はかなり険しく、標高もめちゃめちゃ上がるので、高山病や車酔いに弱い人はそれも踏まえて選んでください!

貼ったリンクのページはスペイン語のHPなので、バスのランク別に簡単に紹介します。
※為替レートは記事作成時(2019年9月)のレートです

Golden VIP(2フロア)
料金:100ソル(約3200円)
設備:トイレ、直通便、個別モニター、冷暖房、1階フルフラット(180°)シート、2階160°シート

Estandar(2フロア)
料金:60ソル(約1900円)
設備:トイレ、共有モニター、冷暖房、140°レザーシート

Premium(1フロア)
料金:60ソル(約1900円)
設備:トイレ、冷暖房、140°シート

Comercial(1フロア)
料金:50ソル(約1600円)
設備:140°シート

※値段は変更する可能性もあるので、利用する際はHPをご確認ください

ちなみに僕たちは、3人中2人が標高にも車酔いにも弱いので、奮発をして100ソルのGolden VIPのバスチケットを購入しました。

バス会社の位置は、下の写真の赤いピンが立っているところです。
左にあるオレンジの道路が“Avenida Manco Capac”で、右側の濃いオレンジの道路が“Avenida Paseo de la Republica”です。

目の前の”Manco Capac広場”との間にある道路が“Avenida 28 de Julio”で、タクシー等で向かう場合はこの”Avenida 28 de Julio”を伝えるとわかってくれます。

リマバス会社位置

バス移動

バスは14:00に出発予定。

いつもどおり、出発前にターミナルの周りで軽食や飲み物を買いました。
いい感じの果物屋さんがあったので、果物多めでした。

標高がかなり上がる道を通るので、高山病予防のためのアルコールや、鼻の下に塗るスースーするやつ、錠剤などもターミナル付近で売っています。

僕は錠剤とスースーを買いました。

14:00
バスが出発しました。
特に遅れることなく出発です。

車内はこの旅一番の豪華さ!
初めてのフルフラットに感動です!

フルフラットシート
写真撮り忘れたので、動画のスクショですが。

USBも付いているので充電も問題なしでした。

あと毛布も!

15:00
出発して1時間でお昼ご飯くばられます。
なので、お昼は食べずに乗って大丈夫です。

リマバスお昼

テーブルは自分の座席の後ろにあるテーブル入れからだし、席にはめ込むというシステムです。

17:00
乗客全員にエチケット袋が配られます。
これから標高が上がり、道も険しくなるのでしょう。

しかも一人一枚ではなく、僕は3枚渡されました。

そんなみんな吐くの?

19:00
アルコールに浸った脱脂綿が配られます。
これを鼻に塗ったり、匂いを嗅いだりすると高山病予防になるそうです。

脱脂綿

ちなみに、この時点での標高は4600メートルを超えていました。

僕は対策しまくったので、席にいる分には問題なかったですが、トイレに立ち上がるとフラフラして倒れそうでした。

そういう時に限って頻尿になるんですよ。

19:20
夕飯です。

リマバス夕飯

お昼の方が豪華でした。

翌日5:00
毛布が回収されました。理由はわかりません。

7:50
プカルパに到着です。

プカルパ到着

こじんまりとしたターミナルに着きました。
ターミナルの時点でリマと雰囲気がガラッと代わりワクワクしてきます。

宿までの移動はトゥクトゥク。
ターミナルで声をかけてくる人たちより、道で拾った方が安いと思います。

三輪車

道路にも車の何倍もトゥクトゥクが走っていました。
いい雰囲気ですね、プカルパ。

トゥクトゥク移動

まとめ

リマ→プカルパ(僕たちが利用したバス情報)

バス会社
“Transmar”

グレード
Golden VIP

料金
100ソル(約3200円)

設備
トイレ、直通便、個別モニター、冷暖房、1階フルフラット(180°)シート、2階160°シート
USBポート、毛布、昼・夕飯、エチケット袋数枚、アルコール脱脂綿

移動時間
18時間

高山病、車酔い対策は万全に!