コロンビア

メデジンからキトまでのバス移動!【結構ハード】

  コロンビアの”メデジン”からエクアドルの”キト”までバスで移動したので、その時の様子を共有します!
僕もいろんな人のブログを見て参考にしたので、誰かの参考になれば幸いです。
   

まずはじめに

 
メデジンからキトに着くまでには、合計4台のバスもしくはミニバスに乗ります。
  
1台目
メデジン→イピアレス(コロンビア国境の町)
 
2台目
イピアレス→国境
 
3台目
国境→トゥルカン(エクアドル国境の町)
 
4台目
トゥルカン→キト
 
 
所要時間は合計で33時間です。
 
長距離バスの移動に慣れている人は問題ありませんが、そうじゃない人はかなりキツイかもです。
 
でも、時間つぶしグッズと酔い止めと気合いがあればいけます。
 
 

メデジン→イピアレス

 
まずはメデジンのバスターミナル”Terminal del Sur”へ向かいます。
 
メデジンには、北部に行くもう一つのバスターミナル”Terminal del Norte”もありますが、
 
南にあるキト方面に行くのは、”Terminal del Sur”です。
 
 
ターミナルの中にいくつもバス会社のオフィスがあり、
聞き回った結果、キト行きで一番安かったのは”Bolivariano社”。
 
朝10:00発のイピアレス行きで、一人127,000コロンビアペソ(約4000円)でした。
 
 
僕たちは当日でも買えましたが、
ギリギリだと売り切れていることもあるので、余裕があれば前日までに買うといいと思います。
 
 
メデジンキトバス
 
 
 
 
10時すぎ
 
バスは少し遅れて出発しました。
 
 
バスの中はわりと快適でした。
 
ボリバリアーノバス
 
南米長距離バス
 
 
各シートにモニターがあり映画が見られたり、音楽が聴けたりします。
 
USBも付いているので充電もできますが、充電スピードは遅かったです。
 
Wifiもあり、バスの一番前に大きくパスワードが書いてあります。
タイミングによっては使えますが、基本的にはGoogleのページがなかなか開かないくらいのスピードです。
 
 
16時半
 
遅めの昼飯なのか、早めの夕飯なのか、とにかくご飯休憩がありました。
 
道の駅コロンビア
 
写真は撮り忘れましたが、モンドンゴというメデジン名物のハチノスのスープを食べました。
 
ここまでの道のりが結構激しく、カーブが止まらない山道を走ってきて、ちょっと具合悪かったのでスープがしみました。
 
 
 
 
18時
 
ペレイラという町に着き、乗客が乗ってきました。
 
それまでは2席を贅沢に使って過ごしていましたが、僕の隣には猫がきました。
 
 
猫が乗ってきた
 
 
本当は、この猫を持った15歳の女の子です。
 
学校の長期休みでイピアレスに住んでいる親戚に会いに行くことのこと。
 
他の家族は後から来るらしく、猫と彼女だけ先乗り。しっかりしてますね。感心。
 
 
 
20時
 
ご飯休憩。
 
この時間にご飯休憩があるってことは、さっきの16時半のはお昼ご飯だったんですね。
 
 
ご飯休憩
 
コロンビア料理
 
スープの温もりを忘れられず、またスープ。
 
 
 
翌朝10時
 
ようやくイピアレスに到着です。
 
イピアレス
 
 

イピアレス→国境

 
10時10分
 
ミニバスで国境へ向かいます。
 
料金は一人2300コロンビアペソ(約75円)でした。
 
 
コロンビア国境の町
 
ミニバス移動
 
 

国境での手続き

 
10時20分
 
国境に到着です。
 
 
まずはコロンビア側で出国の手続きをします。
 
場所は、赤十字関係のテントがやたらありわかりにくいです。
 
「ミグラシオン サリダ デ コロンビア」と言って聞くと、みんなが教えてくれます。
 
コロンビア国境
 
 
コロンビア入国と出国でラインが違い、”Fila 2 (第2レーン)”が出国です。
 
 
ちなみに、ベネズエラ人は違う建物らしく、何人かのベネズエラ人がこの建物で途方に暮れていました。
 
 
出国手続き
 
コロンビア出国手続き
 
ここで手続きをします。
 
パスポートを見せるだけで問題ありませんでした。
 
 
手続きが終わったら、国境を歩いて超えてエクアドル側で入国手続きをします。
 
 
国境越えエクアドル
 
 
国境手前で警察がいて、パスポートを見させられました。
 
これは他の国境ではなかったことなので、もしかしたら常駐してるわけではないのかも。
 
国境警察
 
 
 
エクアドル側に入ったら、ここで入国手続きを行います。
 
エクアドル入国手続き
 
エクアドル入国
 
 
ここもパスポートを見せるだけで、それ以外は何もしてません。
 
ブラジル人のせるだけは、黄熱病のイエローカードの提示をさせられていました。
 
 
 

国境→トゥルカン

 
 
エクアドルの入国手続きが終わったら、
 
すぐ脇の駐車場のような場所にたくさん止まっているミニバスで、トゥルカンのバスターミナルに向かいます。
 
 
”パラ トゥルカン? (トゥルカン行きは?)"
 
と聞きまくれば教えてくれます。
 
 
 
料金は一人0.75ドル(約82円)で、所要時間は15分程度でした。
※エクアドルの通貨は米ドル
 
 
 
11時すぎ
 
トゥルカンのバスターミナルに到着です。
 

トゥルカン→キト

 
ここから、キトの北部にある”カルセレン”というバスターミナルに向かいます。
 
またバス会社のオフィスで聞きまくったところ、カルセレンまで6ドルの”San Cristobal社”が一番安かったので、そこに決めました。
 
 
トゥルカン
 
 
 
バスは12時40分発で、所要時間は5時間程です。
 
 
キト行き
 
 
ターミナルで売っていた1ドルチャーハンを買って乗り込みます。
 
キト行きバス
 
激安チャーハン
 
 
 

キト到着

 
18時10分
 
キトのカルセレンに到着しました。
 
 
キトでの移動は”Trole”と呼ばれるメトロバスや、普通のバスが一般的で格安です。
 
しかし、僕たちは移動疲れと大量の荷物が邪魔になるという理由をつけ、甘えてタクシーでホステルに向かいました。
 
UVERもありますが、タクシーの運ちゃんに交渉したらUVERよりも安くなったのでそっちにしました。
※ちなみにエクアドルでUVERは違法です。コロンビアも。めっちゃ使われてるけど。
 
 
でも30分の距離で3人で9ドル。高かった。
バスなら3人で1ドルです。
 
 
 
 
ということで、計33時間でメデジンからキトまで移動できました。
 
皆さんのバス旅の参考になればと思います。
 
では、良い旅を。
 
 

\スペイン語レッスンbyちゃんちーとす/

詳細はこちら

\レッスンを受けた感想や受講の流れなど/

体験談はこちら

-コロンビア

© 2022 スペイン語やろうぜbyちゃんちーとす Powered by AFFINGER5