スペイン語の基礎

会話に必須!スペイン語の発音!

 

今回紹介するのは、スペイン語の発音!

 もしかすると聞いたことがあるかもしれませんが、実は、日本人にとってスペイン語は発音しやすいと言われているんです!スペイン語の発音は、英語とは違って綴りで音が変わることはありません。しかも、基本的にはローマ字で発音できてしまいます。

 ということで、ここではローマ字発音できない注意すべき発音を詳しく解説していきます。注意すべきポイントを押さえれば、自然と発音も慣れてくるはず!

 

 

スペイン語の母音

 スペイン語の母音は、日本語の「あ/い/う/え/お」の順番が変わるだけで「a/e/i/o/u」の五音となります。これが、最初に紹介した、日本人にとってスペイン語が発音しやすいといわれる理由の一つだと言われています。

 

 

スペイン語発音10個のポイント

villa de reiva

①bとvの発音に違いはない

この2文字は、日本語でいうバ行音で発音ができてしまいます。

英語のように唇を噛む必要はありません。

例)Buenos Aires(ブエノス アイレス), Villa de Reiva(ビジャ デ レイバ)

 

 

 

 

 

②c/s/q/zの区別について

スペイン語発音表

 

 表のようにcは、ca/co/cuはカ行、ce/ciはサ行sはサ行qはque/quiのみ存在しカ行zもサ行になりますzはローマ字読みのザ行となりません

では、ここから上の表の発音のうち注意したいポイントを見ていきましょう。

 

〈ce/ciとzの発音〉

sは日本語のサ行音で問題ありませんが、他のサ行であるce/ciとzについては、地域によって発音の仕方が異なります。地域というのは、ざっくりいうと中南米とスペインです。

 

(中南米)いわゆる日本語のサ行音でsとの発音の区別を行いません。

(スペイン)英語のthのように上下歯間に舌先をはさんで、その隙間から音を出すイメージです。

 

※中南米の一部の国や地域でもみられます。

 例)Gracias(グラシアス), Asunción(アスンシオン)

 

〈ca/co/cuとque/quiの発音〉

コロナビールca/co/cuとque/quiの発音は、日本語のカ行音に近いです。ここで気を付けたいのは、que/quiはクエ/クイとは読まないということ

 

また、アルファベット一覧表に存在するkについても同様です。(kは外来語に使われることが多いので、頭の片隅において大丈夫です。)

  例)Corona(コロナ), Costa Rica(コスタリカ), Querétaro(ケレタロ)

 

 

 

③dで語尾が終わる場合

 基本的にダ行で発音されますが、語末がdで終わる場合は、ほとんど聞こえない場合が多いです。例えば、以下の例で、CiudadのCiudaの部分だけ聞こえるといった感覚です。

 

 実際このように発音しても、事実上あまり問題ありません。ただし、あまりはっきり発音しないだけで、実際は舌先を前歯の先につけるイメージということは忘れないようにしましょう。

 

例)David(ダビッ), Ciudad de México(シウダッ デ メヒコ)

 

④hは発音しない

hはないものとして、発音しましょう

 

例)Hola(オラ), La Habana(ラ アバナ), Honduras(オンドゥラス)

 

 

⑤g/j/の区別について

スペイン語発音表

 

 表のように、gはge/giのみハ行・ga/go/guはガ行、jはハ行となります。ただし、gについてはgue/guiと表すことで、ゲ/ギの発音となるので注意しましょう。

 

 さらに、uが特殊文字üとなりgüe/güiと変化する場合、発音はグエ/グイとなることも覚えておきましょう。

例)Guatemala(グアテマラ), Nicaragua(ニカラグア), Bilingüe(ビリングエ),

 

〈ge/giとjの発音〉

 日本語のハ行音とは異なります。イメージとしては、喉の奥から力強く発音する、喉を絞めるといったようなイメージです。

 

例)Gente(ヘンテ), Japón(ハポン), Jajajaja(はははは) (日本語の(笑)のように笑いを表現する書き言葉)

 

 

⑥l/r/rrの発音の違い

この3文字は特に難しく、きちんと区別することが重要です。

 

〈lの発音〉

上前歯の付け根に舌をあてて、舌の両側にできた隙間から発音するイメージ

例)Lima(リマ), Bolivia(ボリビア)

 

lが語末にくる場合は、イメージ的には「ル」になるので注意。

例)Español(エスパニョール), Nopal(ノパル)

 

〈rの発音〉

日本語のラ行音とほぼ同じ。ただし、語頭と語中でl/s/nの後にくる場合は、rrの発音と同じ巻き舌となります

例)Perú(ペルー), Rumba(ルンバ), sonrisa(ソンリサ)

 

l同様、rが語末にくる場合は、イメージ的には「ル」になるので注意。

例)El Salvador(エル サルバドル), Ecuador(エクアドル)

 

〈rrの発音〉

rと同じ舌の使い方ですが、舌の動きを2・3回弾かせるイメージ。いわゆる巻き舌

例)Carrera(カレラ), Barranquilla(バランキジャ)

バランキジャ

 

 

 

⑦mが単体のとき

この場合、「ン」の発音になります。

例)Campo(カンポ), Mmmm (んんんん)(考えているときや唸っているとき。日本語の「ん~」の使い方とほぼ一緒。)

 

 

 

⑧ñの発音

ニャ行になる。 

例)Niño(ニーニョ), España(エスパーニャ)スペイン観光

 

 

 

 

 

⑨xの発音

「クス」音が使われますが、直後に子音が来る場合は「クス」の「ス」だけ残り、サ行音やハ行音で発音される例外もあります

例)Extranjero(エクストランヘロ), Oaxaca(オアハカ)

 

 

⑩y/llの発音

いずれも基本的にジャ行で変換されますが、国や地域によってシャ行で発音されることもあって、その象徴的な例がアルゼンチンです。 

例)Medellín(メデジン), yo(ジョ), yen(ジェン)

 

また、yが単体で使わるとき、語末にくるときの読み方は「イ」となるので注意が必要です。

例)y(イ), Hoy(オイ), Uruguay(ウルグアイ)

 

まとめ

 慣れるまでになかなか大変ですが、この発音の違いを理解することで、各地域におけるスペイン語の方言も聞き分けることができるようになり、それもまた楽しみの一つになると思います。

 読み書きは理解できても、聞く話すになると分からないという事態にならないよう、会話に必須な発音もマスターしましょう!

 

 

 

僕が読み漁ったスペイン語の参考書

 

上の参考書の新版

 

 

 

執筆者:Rika  (Instagram)

監修:りゅうや(Instagram)

-スペイン語の基礎

© 2020 スペイン語やろうぜ Powered by AFFINGER5