スペイン語中級文法

スペイン語の縮小辞と増大辞

 

 スペイン語には、言葉の意味を完全に変えずに、主観的・感情的なニュアンスを加える表現方法があります。

 

 今回は、その表現方法である「縮小辞と増大辞」について紹介します。

 

 スペイン語圏では日常的によく使われ、調べても辞書で出てこないこともあります。

ただ、基本的な使い方や意味合いを理解すれば、ネイティブとの会話も弾むと思いますので、早速見ていきましょう。

 

 

縮小辞とは

 縮小辞は、スペイン語でdiminutivoといいます。

これは言葉の本来の意味を変えずに、「小ささ」「少なさ」「可愛らしさ」さらには「親しみ」などの意味を添えることができます。

 

縮小辞の用法

 基本的には、以下のような接尾辞を語尾につけるのみですが、例外も多いので注意しましょう。

また、名詞や形容詞だけでなく、人名や副詞や現在分詞・過去分詞にも使われることがあります。

接尾辞:「-ito/-ita」「-ilo/-illa」「-cillo/-cilla」「-cito/-cita」「-ico/-ica」「-illo/-illa」など

 

では、よく使われる例を見ていきましょう。

例)ahorita(今すぐに)

  ※中南米でよく使われます。

  abuelito/a(愛情を込めて、おじいちゃん/おばあちゃん)

  Anita/Juanito(愛情を込めて、Anaちゃん/Juanくん)

  cervecita(小ビール)

  chiquito/a(ちっちゃい/小さい子ども、chiquillo/a、chiquitínも同様)

  despacito(ゆーっくりと)

  flaquito/a(体型や特徴をあだ名にした愛称、やせっぽち)

  gordito/a(体型や特徴をあだ名にした愛称、ふとっちょ)

  hermanito/a(かわいい兄弟/姉妹、自分より下の兄弟/姉妹など)

  japonesito/a(愛情を込めて、日本人)

  jovencito/a(愛情を込めて、若者)

  momentito(ほんのちょっとの間)

  papito/mamita(愛情を込めて、パパ/ママ)

  pequeñito(ちっちゃい、小さい子)

  pobrecito/a(かわいそうな)

  poquito(ほんの少し)

  sentadito(子どもに対して、愛情を込めて「すわって。」)

  など

 

増大辞とは

 増大辞は、スペイン語でaumentativoといいます。

これは言葉の本来の意味を変えずに、「大きさ」「量」「規模」さらには「価値」や「強調」などの意味を添えることができます。

またネガティブな意味合いを持つことも多く、元の語と意味が変化することもあるので、注意しましょう。

縮小辞より使われる頻度は少ないです。

 

増大辞の用法

 基本的には、以下のような接尾辞を語尾につけるのみです。

また、名詞や形容詞だけでなく、人名や副詞にも使われることがあります。

接尾辞:「-azo/-aza」「-ón/-ona」「-ote/-ota」など

 

では、よく使われる例を見ていきましょう。

例)amigote(仲間・悪友)

  cabezota(大きな頭)

  golazo(すごいゴール)

  grandote(すごく大きい)

  palabrota(悪口)

  panzón(大きなお腹)

  など

 

よくある表現

 本来の言い方とあまり意味は変わりませんが、愛情を込めたり、強調したりして使う表現をいくつか紹介します。

 例)¡Hasta prontito!

  (また明日!)

 

  Ahorita lo hago.

  (今すぐそれをやります。)

 

  Quiero un poquitito.

  (ほんの少しだけほしいです。)

 

  ¡Provechito!

  (召し上がれ。)

 

まとめ

 この縮小辞と増大辞については、人によって伝えたいニュアンスも違うこともあります。

 

ネイティブに聞いてみるなどして、よく使われるパターンや意味合いを確かめるといいかもしれません。

 

 

 

僕が読み漁ったスペイン語の参考書

 

上の参考書の新版

 

 

執筆者:Rika  (Instagram)

監修:りゅうや(Instagram)

 

-スペイン語中級文法

© 2020 スペイン語やろうぜ Powered by AFFINGER5