スペイン語文法初級

スペイン語の直説法現在完了

 

 この記事では、スペイン語の「直説法現在完了」について紹介していきます。

また、現在活用に使用する動詞の過去分詞についても紹介します。

 

 

過去分詞

 まず、現在完了に使用する動詞の過去分詞を紹介します。

 

過去分詞は、今回の現在完了の完了時制のために用いるほか、形容詞として使用することもできます

 

完了時制として用いる場合以外は、修飾する名詞と性数一致させる必要がある点に注意しましょう。

 

 

ar動詞、er動詞、ir動詞それぞれの過去分詞の活用は以下の通りです。

er動詞とir動詞の過去分詞の形は同じです。

過去分詞

過去分詞

 

 いくつか例を見てみましょう。

 

例)dibujar(描く) → dibujado

  conocer(知っている) → conocido

  construir(建設する) → construido

 

現在完了の形

 現在完了の形は、直説法現在に活用させた動詞haberと動詞の過去分詞の組み合わせです。

 

 現在完了:haberの現在形+過去分詞

 

 過去分詞は動詞の種類によって上記のとおりの形ですが、動詞haberは人称と数によって活用させる必要があります。

 直説法現在のhaberの活用は以下のとおりです。

直説法現在完了 活用形

直説法現在完了 活用形

 

なお、この動詞haberは未来完了や過去完了でも同じように過去分詞とともに使用します。

 

用法

 それでは、現在完了の用法を見ていきましょう。

 

①現在よりも少し前に終わった行為や状態(完了)

例)He terminado todas las tareas ahora mismo.

 (私はたった今、すべての課題を終えました。)

 

  Ryuya se ha ido de Nicaragua.

 (りゅうやはニカラグアを発ちました。)

 

 否定文にすれば、まだ終わっていない(完了していない)状態を表します。

この場合、よくtodavíaやaúnなど「まだ」を表す言葉を一緒に用います

 

例)Todavía no ha llegado Seru a la escuela.

 (せるはまだ学校に到着していない。)

 

 

②現在までの継続

 過去から現在まで続く行為や状態を表します。

その行為や状態が現在も継続しているかは文脈によります。

 

例)La economía de Colombia se ha desarrollado establemente.

 (コロンビアの経済は安定して発展してきました。)

 

  Ryuya ha viajado durante un año por América Latina.

 (りゅうやはラテンアメリカを1年間旅行しました。)

 

③心理的な現在の行為や状態

 今日(hoy)、今週(esta semana)、今月(este mes)、今年(este año)などとともによく用いて、これらのように現在を含んで把握される時間に起こる行為や状態を現在完了で表します

 

例)Esta mañana me he levantado temprano.

 (今朝、私は朝早く起きました。)

 

  Este año Ryuya y Seru han trabajado mucho.

 (今年、りゅうやとセルは大いに働きました。)

 

④現在までの経験

例)He estado en Tulum dos veces.

 (私はトゥルムに二度行ったことがあります。)

 

  No han buceado nunca.

 (彼らはダイビングをしたことがありません。)

 

 

 なお、①や③の用法は主にスペインでよく用いられ、中南米では、これらの意味合いを表すために点過去が使用される傾向があるといわれています。

 

 点過去については以下の記事を参照ください。

こちらもCHECK

スペイン語点過去
スペイン語の直説法点過去!

続きを見る

 

まとめ

 今回、動詞の過去分詞の形と現在完了の用法を紹介しました。

 

地域によって使用頻度に差がある時制ですが、一緒に使われやすい語や表現とともに覚えるようにしましょう。

 

 

 

僕が読み漁ったスペイン語の参考書

 

上の参考書の新版

 

 

執筆者:Rika  (Instagram)

監修:りゅうや(Instagram)

-スペイン語文法初級

© 2020 スペイン語やろうぜ Powered by AFFINGER5