スペイン語中級文法

スペイン語の接続法現在の用法【形容詞節】

 

 この記事では、スペイン語の「接続法現在の形容詞節の用法」について紹介していきます。

 

 大きく分けて、名詞+de que+接続法というパターン名詞+関係詞+接続法というパターンがあります。

 

 接続法現在の活用のルールとその他の用法については、以下の記事を参照してください。

こちらもCHECK

スペイン語の接続法現在名詞節
スペイン語の接続法現在の用法【名詞節】

続きを見る

こちらもCHECK

スペイン語接続法現在
スペイン語の接続法現在の用法【副詞節】

続きを見る

こちらもCHECK

スペイン語接続法単文
スペイン語の接続法現在の用法【単文】

続きを見る

こちらもCHECK

スペイン語接続法現在活用
スペイン語の接続法現在の活用

続きを見る

 

 

形容詞節中で接続法を使う基本形

 接続法の用法は多岐にわたりますが、主節と従属節からなる文において、従属節において接続法が使用されるというのが基本的な形です。

 

従属節にも様々な種類がありますが、この記事では、基本的なqueから始まる名詞節での接続法について紹介します。

   基本的な形:主節(直説法)+名詞+名詞を修飾する従属節(接続法)

 

 ただし、すべての名詞を修飾する従属節において接続法が使われるわけではありません

主に修飾される名詞によって、従属節の動詞の活用が接続法になるというパターンです。

 

以下で具体的に見ていきましょう。

 

 なお、基本的に主節と従属節の主語が同じ場合は、que+接続法ではなく、不定詞を使用しますので、注意しましょう。

 例)Tengo deseo de salir con ella.

  (私は彼女と付き合いたいです。)

 

   Tengo deseo de que salgas con ella.

  (私は、君に彼女と付き合ってほしいです。)

 

願望、感情、価値判断、疑惑を表す名詞

 名詞+de que 接続法という形で使用されるパターンとして、修飾する名詞が願望や感情、価値判断、疑惑を表すものであるとき、queから始まる従属節では接続法が使用されます。

 

 願望、感情、価値判断、疑惑を表す名詞には、次のようなものがあります。

 願望、感情、価値判断、疑惑:deseo、alegría、miedo、temor、necesidad、posibilidad、probabilidad、dudaなど

 

 例)Tenemos miedo de que nuestros estudiantes estén secuestrados.

  (私たちは、自分たちの生徒が誘拐されているのではないかと心配しています。)

 

   Todavía hay posibilidad de que Seru apruebe el examen.

  (せるがその試験に合格する可能性はまだあります。)

 

時、場合を表す名詞

 名詞+de que 接続法という形で使用されるパターンとして、修飾する名詞が時や場合を表すものであるとき、queから始まる従属節では接続法が使用されます。

 

 時や場合を表す名詞には、次のようなものがあります。

 時、場合:hora、tiempo、momento、casoなど

 

 例)Ya es la hora de que volvamos a casa.

  (もう、家に帰る時間です。)

 

   En caso de que llueva, aplazamos la excursión.

  (雨が降った場合には、遠足を延期します。)

 

 

関係節の中で接続法が使用される場合

 関係詞の中で接続法が使用されるのは、主に不定と否定の場合があります。

 

不定

 関係節の先行詞が不定のもののとき、関係節の中の動詞は接続法となります。

そのため、先行詞が不定語の時は、基本的に関係節の中の動詞は接続法となります。

また、~quieraという形の代名詞が先行詞となる場合も同様で、基本的に関係節の中の動詞は接続法となります。

 

 例)¿Hay alguien que sepa español?

  (スペイン語ができる人は誰かいますか。)

 

   Haré lo que ordene el jefe.(接続法)

  (上司が命令することならなんでもしましょう。)

 

   Haré lo que ordena el jefe.(直説法)

  (上司が命令するそのことをしましょう。)

   ※直説法を使った場合、このlo queが指すものが特定されます。 

 

   Tengo que comprar cualquier traje que me quepa.

  (私が入るスーツならどれであっても買わなければなりません。)

 

否定

 関係節の先行詞が否定されているとき、関係節では接続法が使用されます。

そのため、先行詞が否定語の場合は、関係節の中の動詞は接続法となります。

 

 例)No existe quien pueda soportar esa tortura.

  (その拷問を耐えられる人はいません。)

 

   No tengo ningún amigo que sea de Managua.

  (私にはマナグア出身の友達はいません。)

 

 

まとめ

 今回、形容詞節で接続法が使用されるパターンを紹介しました。

 修飾される名詞や先行詞によって、接続法となるかが決定するところがポイントですので、主な名詞とルールを覚えるようにしましょう。

 

 

 

今おすすめのスペイン語参考書

 

僕が読み漁ったスペイン語の参考書

 

執筆者:Rika  (Instagram)

監修:りゅうや(Instagram)

 

-スペイン語中級文法

© 2021 スペイン語やろうぜ Powered by AFFINGER5